家庭教師のランナー【東海】

高校受験編

「入試まで時間が無いのよ!勉強しなくていいの!?」
「公立高校に入ってもらわないと困るのよ!!」
「受験生の自覚を持ちなさい!」

受験生ともなると、ちゃんと勉強しているのか、受験生としての自覚や焦りがあるのか、お子さんの言動が気になったり、いつも以上に口を出したくなりますよね。

私たちの元に寄せられるお母さんたちのお悩みで一番多いのも、

「受験生としての自覚が足りない…」
「受験が近いのに勉強しない…」

ということなんです。
でもお子さんは、もちろん受験に焦りや不安を感じているし、相当勉強しないといけないということも充分わかっているんです。ではなぜお子さんは受験勉強をしないのでしょうか?
それは…

「学校のテスト勉強もまとめられないのに、3年分の勉強なんかできるわけない!」
「範囲が広すぎて何をどうやったらいいの見当もつかない!」

そうなんです。

教科書は3年分5強化で約3600ページ!

これをまとめるのは本当に大変なんです。

パレット式入試対策ニガテ底上げ法

ニガテ底上げ法1

まずは基礎からしっかり復習!

まずは、現時点でニガテな科目、つまづいている分野の基礎的な復習から始めます。

一見遠回りに感じるかもしれませんが、受験によく出るポイントも教えながら復習していくので、お子さんは、勉強しながら受験に出やすい部分も把握していくことができます。

ニガテ底上げ法2

ニガテな科目も底上げ!

ある程度基礎の復習が終わったら、今度は単元ごとや学年ごとのまとめテストを行い、理解度や定着度のアップを図ります。

ニガテな教科の「わからない」が少しずつ減っていくことでお子さんの自信回復にもつながり、ニガテ科目の底上げになります。
(得意科目は受験勉強のやり方をアドバイスしたり、出やすいポイントを宿題に出すなどのフォローを重点的に行います。)

ニガテ底上げ法3

過去問題などの実戦経験で最終仕上げ!

基礎の復習、単元や学年ごとのまとめテストをしたら、最後は実戦形式で過去問等を解いていきます。

本番に近いテストで入試の練習をしながら、更に弱点を補うようなアドバイスや宿題を出し、受験に備えていきます。

家庭教師のランナー東海

テキストのコピーはできません。